2015年11月3日火曜日

やんばいキャンプ1

キャンプに行くと、誰が何作ってたりとか、誰と初めて話したりとか
そんないろんなことがあったはずなのに、終わってしまうとなんにも覚えてない。
焚き火を囲んで、くだらない話で盛り上がって、時折熱く語って、
そんないろんな面白いことがあったはずなのに、帰ってくると内容はさっぱり覚えてない。

でも、”楽しかったなぁ” っていう気持ちだけは残ってるんだよなぁ。

誰かが、いつかのキャンプで、そんなこと言ってた。(うろおぼえ)




2015年7月24〜26日

静岡は川根のいたやんが地元でキャンプイベントをするらしい。
手書きでリーフレットも作って、キャンプ場も下見&予約してくれて
関西・東海・関東からそれぞれ続々と参加者も増えてきて盛り上がりを見せてた。

俺も川根地域は大好きなので是非とも参加したいなって思ってたところ
かんちくんも休みがとれるっぽく、じゃあ久しぶりに一緒に走ろうかと。
せっかく遠くに行くんだから連泊したいねってことになって 、俺も金曜日に有給をねじこんで 3days 2nightsのcamp tripと洒落込んだ。

早朝に川崎市内で合流して、いつものようにR246で静岡入り。
静岡市内でこの先どうしようか〜っと話しながら買い出して、ぼーっと地図を眺めていると、R362の東側に井川ダム方面に抜ける、なんとも香ばしそうな道を発見してしまう。
吸い込まれるようにそちらの方へ。

山を登りつめていくと小さな集落と茶畑があった

1車線ときどき0.5車線の道をゆく 

フィルムの写りで特に好きなのはこういった陰影のシーンだ
(今日のカメラは祖父の形見のCanonetQL17GⅢで)

いくつかの気になる温泉郷を抜けると井川ダムについた。
そしてその瞬間むせかえるような湿度を感じた。その瞬間一気に川根感が高まってきた。これだ。これだよ。南アルプスのお膝元だがしかし標高は低く谷も開けている。そこに大きくながれる大井川と上流にあるダムの数々。夏は暑く、冬は寒い、盆地特有の気候。この暑さってのは好きな暑さだなぁ。(翌々日その影響で熱中症になる)

川根や寸又峡にはなんどもいったことがあるけど、その上流の井川ダム方面に来るのは初めてだった。もちろんかんちくんも初めて。ダムを渡って上流方向に走る。今日は平日なので車もライダーも少なく快適だ〜。

バイクで渡れる吊り橋に行ってみる。フィルムカメラの自分が写ってる写真は貴重である。

井川地域の無人販売で野菜を購入

歩いて奥大井湖上駅にも行ってみる。直前の大雨のせいか湖面が濁ってて残念…。

どこのキャンプ場にしようかなってことも決めてなかったけど、ここまで来たら大好きな八木キャンプ場&堕落の湯(白沢温泉)に行きたくなってくるもので。平日ガラガラを期待してキャンプ場へ。

喰らうかんちくん

温泉。焼き野菜。堕落の湯のチーズケーキの3コンボでフィニッシュでした。

朝早く出たことと、日中の暑さと、冷たいルービーのおかげですっかり酔ってしまい。
軽く焚き火したあとでそれぞれテントに戻って爆睡でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿