2014年2月21日金曜日

2013/11/23 鎌倉ハイク&ハイカーズミーティング


横浜に住んでいる兄と、山と道主催の鎌倉ハイカーズミーティングに行ってきました。







去年までハイキングなんて全然興味のなかった兄。今年の始めあたりにひょんなことから運動を始めたいと言い出してたのは知ってた。学生時代はずーっとテニスをやってたので、会社の仲間とまた始めるのかなぁと思ってたら、どうやらハイキングに目をつけた模様。会社の仲間とさかいやスポーツに行って道具を集めて陣馬山とか大山とか登ってたらしい。

その後、10月に祖父の一周忌で福岡に帰省した時に、兄が山と道のサコッシュをもってたのを見てビックリした。しかも、「LOCUS GEARって知ってる?Kufhu Tyvekっていうシェルターが欲しいんだよね」なんて言ううもんだから。それ、俺使ってるしねww
ハイキングを始めたってのは知ってたけど、まさかウルトラライトハイキングだったとは・・・。

っという訳で、兄との初歩きもかねて、鎌倉アルプスを半分歩いてから、北鎌倉で開催中のハイカーズミーティングにお邪魔することにしました。



集合は根岸線の港南台駅。市街地を抜けて、県立高校の裏からハイクスタート。昔は地味な色が好きな兄でしたが、意外にも緑のウェアが多くて兄弟の血の繋がりを感じました。笑

県立高校から先は気持ちの良いフラットな林道を歩いて鎌倉アルプスへ近づいていきます。とっても気持ちの良い天気な上に、紅葉の季節も近いので人が多いかなーって思ったんですが、この時点では数組の観光客がいる程度で静かな森歩き。長いコースではないのでゆっくりと進んで行きました。

兄のザックはKLATTERMUSEN/ALLSVINN AlpinePack。黒のシュッとしたシルエットに、ループがたくさんついててカッコイイ。途中で背負わせてもらいましたが、がっちりとした背面でとてもよい背負い心地でした。俺はいつものGolite/Peakです。





金沢市民の森を通って、鎌倉天園方面へ。さすがにこの辺りになると人もまばらながらも多くなってきました。鎌倉の「観光地」という性質がそうさせるのか、スニーカーならまだしも、ロングブーツな人もちらほらと・・・。サクサクと進んで大平山の山頂広場でお昼にしました。

兄の火器はMYOGアルコールストーブにMYOG五徳。完全にU.L.な人になってる・・・ww
俺もこないだMYOGしたアルストをもっていきました。今度使ってみた感想等書こうと思います。大平山の山頂はハイキングを楽しんでいる大勢の方で賑わってました。ビール飲んでる人も多くて、俺も持ってくれてば良かったな・・と。





ゆっくりしすぎたせいか、けっこう時間がぎりぎりになってしまったので、急ぎ足で北鎌倉方面に抜ける。円覚寺では紅葉の時期を迎えていて多くの観光客で賑わってましたが、俺らは綺麗な紅葉には目もくれずに北鎌倉のたからの庭に足を進めます。

到着すると、ちょうど山と道の夏目さんがパッキング講座をやってました。それに続いてOMMのザックの紹介。ハイランドデザインの土屋さんの冬季ダウンバック紹介等。
一通り商品の紹介が終わると、次のプログラムに移るらしく、俺らも予約していた講座へ・・





最近兄弟ではまっている、アルコールストーブ(ULG stove)のMYOG講座をうけてきました。
500mlの空き缶一つで作れるお手軽さと、穴の大きさや開け方を少し変えるだけで全然違うストーブになる奥深さ。昔からプラモデルとかが好きな兄はこの講座の後にアルコールストーブMYOG熱に火がついたみたいで、大量のストーブを作成してましたw

ストーブが完成したら、持ってきたクッカーで実際にお湯を沸かして遊びます。
せっかく沸かしたお湯なので、いいちこのお湯割りを2杯ほど頂いて体の芯からあったまりました。この、1日の途中でお酒を飲むことができるってのが、バイクツーリングと違っていいとこなんよね。(ただの酒好きです)




patagoniaのR2も緑なのか兄よwww 






ストーブ講座の後は、山と道のザックを試しに背負わせてもらったり。キューベンポケットのONEがすげーかっこいい。重い荷物が入ってなかったからあまりわからなかったけど、よくみんなが言っている「ザックが背中に吸い付く感じ」ってのはわかった気がする。
俺は今までGoLiteのザックしか持ったことなくて、ガレージメーカーのザックは初体験だったけど、徹底的にムダを省いたというか、使いやすくしていったらこの形になったというか、とにかく機能美が凄かった。かなり物欲が刺激されたけど、来年の春までザックは買い足さないと決めているのでがまんがまん。。。いつか、MINIかONEのどちらかは買いたいな。

兄は背面長も測ってフィッティングしてもらってました。ポケットの素材や止水ファスナーを自分ごのみにカスタムして注文できるONEなので、組み合わせをさんざん迷ってましたが、購入することは決めたそうです。完成が楽しみだー!





ハイカーズミーティングの最後は、Bloggerさん達の座談会や、山と道の夏目さんのニュージーランドトレイルのスライドなどなど。ロングトレイルからローカルトレイル、またはパックラフティングまで、いろんな楽しみ方を提案してました。特に石見銀山の旧道を歩く銀山トレイルは楽しそうだったなぁー!知らない土地を歩いてわたっていく感じはハイキングというより旅に近かった。俺もそんな旅をしたくなりました。



真っ暗になって、寒くなってきたころにミーティングはおしまい。兄と横浜まで戻って、マツモと合流して横浜の一鶴で鶏肉を頬張り家路に着きました。
また来年も参加させてもらいたいなーと思うとともに、もっともっと山に行きたくなったのでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿