2013年6月10日月曜日

TDM850 Self Clash


悲しみから生まれた戦士がまたここに一人誕生した。。。
実は4月末のキャンプに行く道中に、TDM850で転んじゃってました。
くだりのゆるいカーブ。普通の速度で走りぬけようとしたら、
カーブの先には右折待ちのトラック。
握るフロントブレーキ。踏むリアブレーキ。
リアが滑る。嫌な予感が脳裏によぎる。一度リアブレーキを離す。
フロントブレーキを少しずつかける、止まれない。
リアブレーキをもう一度。力加減が出来てないのかまた滑る。
これは突っ込みかねない・・・えーいもう投げちゃえ!!
リアを捻ってバイクを左の路肩へぶんなげる。
自分は受身をとって道路上に。後ろから車来てなくて良かった・・・。
完全に自分の不注意だからトラックはなんにも悪くないです。。。
キャンプにいくために買出しをしてて、荷物の上に赤ワインを積んでた。
それが見事に割れてバイクがワインまみれ。
バイクを起こそうとしたら、周りの人がその赤い染みを見て大慌て。
「あぁ、だいじょうぶっす。ワインなんで。赤ワインなんで・・・。」っと
意味不明の言葉を発しながらバイクを起こす。そして反対側にまた倒す。笑
「あぁ・・・ワイン・・・バイク・・・・・orz」
周りの方が凄く心配してくれてみんなでバイクを起こして
体は大丈夫?血は出てない?救急車呼ぼうか?
色々心配してくれてるけど、体は大きな怪我はない。
くるくるまわって衝撃を逃がしたみたいでヘルメットに傷もない。
色んな思いが交差しすぎて冷静な判断が出来なかったので、キャンプ場にいたみんなに連絡して、とりあえず自走でキャンプ場まで。
バイクの状態は、見た目は最悪だけど、エンジン周りに傷はないみたい。
右のカウルはバキバキで、アッパーカウルもヒビ割れてる。
どうやらカウルステーも曲がってるみたい。ウインカーは左右破壊。
これは10万コースだなぁと考えると同時に、KDXを売ることを一瞬で決めた。
キャンプは自虐ネタを吐きつつも楽しく過ごせて、
翌朝はまっすぐ家に帰って、部品を見積もってみる。ちょうど10万。
カウルのあるバイクって初めて乗ったけど、ほんと・・・高いね・・・。
とりあえずKDXを洗車してワックスがけして、綺麗に写真撮ってオークションへ。
13万で売れたので、男らしくカウルを新品で買って修理することにしたのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿